印象的な部分のみを覚えている夢

 
 

 比較的短い文章を入力される方がこれにあたります。

「受験で落ちた」
「好きな人とデートした」

などがそうです。

 このような文章を入力された方は「短すぎて判定ができません」
という結果が出てしまうので、文章を長くするため最後に

「嬉しかった」「悲しかった」

などを付け加えているような傾向がありました。

しかし、残念ながら感情を付け加えていただいても、
結果は変わりません。
(参照:感情を強く記憶している夢)

 ただ、傾向としましては、ここに分類される夢の多くが
夢占いをしてもあまり意味がない夢に分類されるようです。
参考にしてみてください。(^-^)


 
 

戻る