夢占いをしてもあまり意味のない夢

 
 

夢の中には、夢占いをしてもあまり
意味のない夢があります。
それは大きく3つに分ける事ができます。

1つ目は、現在のあなたの不安が強い時に見る夢です。

例えば、あなたは今、
責任重大な仕事を受け持っているとします。
あなたはその仕事が果たして成功するのか、
不安で不安でたまりません。
そんな時には「その仕事を失敗する」夢を
見る事が多いです。

しかし、心配する必要はありません。
これは、夢があなたに“注意すべき点”を
教えてくれているのです。
こういう夢を見たら、夢の内容をよく思い出して、
今後に役立てるよう心がけてください。

2つ目は、あなたの願望が強すぎて、
そのことを夢に見てしまう場合です。

「宝くじが当たった」夢や、「大出世をした」
というものがそれにあたります。

このような夢は、残念ながら逆夢である可能性が高いです。
逆に、大吉夢を見たが為、油断してしまい、
失敗することが多くなります。
大吉夢を見たからといって、
あまり浮かれないように注意してください。

3つ目は、ものすごく現実味を帯びた夢です。

これはもしかしたら“予知夢”の可能性があり、
“正夢”になるかもしれません。

しかし、こういった夢はよほど物事に敏感な人ではない限り
正夢になることはないので、もし不吉な夢を見てしまった
という人も安心してください。

あなた自身はまだ気付いていないけれど、
深層意識ではその内容に関して何か不安があるのだ、
と解釈してください。


こういった種類の夢を見た場合は、その夢の内容に
振り回されないように注意して下さい。

夢が、あなたにもわかりやすいように
メッセージをくれたのですから、
このメッセージを現実世界の“あなた”に
役立てるよう努力しましょう。


 
 

戻る